読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空から美少女が丁度いい体制と丁度いい淫乱加減で降ってくる訳ではありません

私はここ何日か「金をかけずにモテたい」としか言葉として発していません。困りましたね。このままではマトモな生活が出来ません。

画像1




ただ、いつまでも「与えられる」という事を待っているだけではいけません。こちらから「何かを愛してみる」という行動を起こさなくては、何者もこちらを振り向いてくれない、というのがこの世の常です。

おちんちんを只々勃起させて仰向けで倒れているだけで、空から美少女が丁度いい体制と丁度いい淫乱加減で降ってくる訳ではありません。パンツの中をグショグショにして、一流企業が入ったビルに向かって股を開いているだけで、強引な若社長が襲ってくれる訳ではありません。


ですから「騎乗位目的」「なすがまま目的」で幸せの到来を待っているだけでは、何のハプニングも発生しないのです。

画像1
一般的な「なすがまま目的の男性」の図(イメージです)


しかし、これでは「他人をあまり好きになった事がない人間」、「オシャレな服を買う金も、会話の話題に出来る様な趣味を始める金もない人間」などの、人間としての資格を失ってしまいそうな『ギリギリ二足歩行人間』は全て『努力不足』として切り捨てられてしまいます。


どこまでが「努力」で、どこからが「努力」ではないのか。そんな事は、当の「努力しようとする人間」その人にしか決められないのです。


「年頃の女の前に出ても笑われない様な服をせめて買おう」と数年ぶりに自分の服を買いにユニクロへ向かう事だって、当の本人にとっては大きな努力です。

「部屋がこんなにイカ臭いのはよくない」と業務用の脱臭炭を部屋の真ん中に「デン」と置く事だって、いつ女性が部屋に来てもいい様に、という彼なりの「気遣い」の第一歩です。

画像1
コレも「モテる」為の列記とした第一歩です


「ノーリスクハイリターン生活」は夢のまた夢であったとして、一般的に見れば小さな一歩、しかし本人にとっては大きな一歩である様な「苦労」で「大きな成果」を上げる事は、本当に不可能なのでしょうか?


騎乗位を待ちながら仰向けになって寝ている時でも、予めローションで滑りをよくしておけば、可能性は少し上がるかもしれません。一流企業に向かって股を開いている時にも、予め破れた黒ストッキングを履いておけば、特定の性癖を持った若社長相手に限れば、可能性は少し上がるかもしれません。


ここでは私が現時点で出来る限りの「モテる努力」を挙げ、札束の風呂に入りながら、Hカップフェリス女学院大学女子を肩に抱ける様になるまでの過程をシミュレートする事で、「心を無くしそうな人間」ができ得る努力で、一体どこまでモテる事が出来るのか、その可能性を提示してみようと思います。どういった過程を踏めば、女子との騎乗位が達成出来るのか。一緒に考えてみましょう。




スーパーに一人で入り果物を買う
画像1
スーパーで果物を買ってく男がモテない訳がありません


まず一番重要なのは「自分は女にモテる要素のある顔立ちとオーラを醸し出している」と、自分自身に刷り込む事ではないでしょうか?


「自分は顔も根性もヘドロみたいな物だ」と考え込んでいれば、本当にヘドロその物になってしまいます。どこまで自分自身に嘘が付けるのか。平気な顔をして人生を仕事に捧げている社会人も「自分は社会の一部なんだ 仕事こそが人間の生きる意義なんだ」と自分に言い聞かせなければ、毎日毎日12時間労働など出来る訳がありません。

画像1
ホラ見てください、完全に自分に酔ってますよこの社会人たち


「自分の事を見てくれている女子がきっとどこかにいる」と思いながら日々を生きましょう。「いつか可憐な美少女が自分の手を引っ張ってどこか知らない世界へ連れて行ってくれる」と本気で信じましょう。ある程度のナルシストになる事も、「モテる努力」の内にきっと入るはずです。


画像1
一般的な「私の手を引っ張ってどこか遠い世界へ連れて行ってくれる美少女」の図(イメージです)


スーパーに男一人で入店して果物を購入し、ビニール袋から取り出したライムやレモンを掌で転がしながら、時にはちょっと手の上で投げてみたりしながら、家路に着きましょう。小雨が降っていても、気にも止めません。傘を刺さず「水に滴るいい男」を地で行きながら徒歩移動を続けましょう。そんなボローニャ生まれの美青年の様な行動が出来る人間を、女子が見つめていない訳がありません。さっさと股を開いてもらって、札束の風呂に一緒に入ってもらえばもうゴールです。「スーパーで1つ100円にも満たない柑橘類を買う」という名のローションで、只々寝ているだけでの騎乗位が完成してしまうのです。




大きな声を出す

画像1
何事も小さいより大きい方が良いのです

コレはとても簡単です。女子というのは「ウェー」や「イェー」などの大きな声を出している人間を見るだけでテンションが上がり、股を開きやすくなる物です。しかし、只々街中で大声を出しているだけでは警察のお世話になってしまいます。


仕事先の元気の良い同僚や、元気の良い友達と居酒屋に行きましょう。心の無い人間というのは「元気の良い人間たちと居酒屋に行く」か「クソを食う」だったらギリギリで後者を選ぶ人種ではありますが、ここはクソ喰らいをグッと我慢。握りこぶしを作りながら居酒屋に入りましょう。なに、貴方のする事はただ一つ、「大きな声を出す」それだけです。

画像1
もし入った居酒屋がこういう類の店だったら、いつ吐いても良い様にトイレの位置だけはしっかり確認しましょう。


居酒屋で「ウェー」や「イェー」と叫びながら酒を飲む。只それだけで、いつの間にか貴方の隣にはよく分からない女子がよく分からない内に座って、貴方にドンドン話しかけてくる物です。


居酒屋で大きな声を出している人間に寄ってくる女子というのは、大抵は酒が入り、モラルや倫理などは全て抜け落ちてしまっている物ですから、多少の失礼が合っても問題ありません。「ア…ア…」と言っている内に手を引っ張ってもらい、居酒屋を抜け出しましょう。そしてさっさと個室で股を開いてもらい、札束の風呂に一緒に入ればもうゴールです。「居酒屋で大きな声を出しながら酒を飲む」という名のローションで、只々寝ているだけでの騎乗位が完成してしまうのです。



図書館に入り浸る

画像1
一般的な図書館で出会える女子の図(イメージです)

「図書館によくいる女子」という物は、大抵が恋愛に奥手で、自分と趣味が合う異性を心のどこかで探していて、処女です。

まずは相手に自分の事を知ってもらう必要があります。森見登美彦の本を借りましょう。図書館によくいる奥手な女子というのは、大抵が森見登美彦が好きになる様に出来ています。


いついつどんな時も、森見登美彦コーナーの前に佇み、「四畳半神話大系」に手をかけたと思えば引っ込め、「夜は短し歩けよ乙女」の方に手が伸びた、と思わせたら方向転換、「ペンギンハイウェイ」を手に取り、そしてすぐ棚に戻し、また「四畳半神話大系」に手をかけようとして辞めましょう。この動作を1セットとし永遠に繰り返していると、2週間もすればどこかからか貴方を何となく見ていた女子が「あっ、あの人もあの本が好きなんだ 私と気が合うかも」となります。図書館にいる処女とは、この3冊さえ抑えておけば気が合う様に出来ています。

画像1
四畳半神話大系」。 アニメも抑えておくと尚良いでしょう。

あとは「私もこの本、好きなんですよ」と話しかけられればこっちの物です。「自分と趣味が合う人間に悪い人間はいない」と趣味のある人間は思い込みがちですから、ここで多少の失礼があっても問題ありません。そしてさっさと股を開いてもらって、札束の風呂に一緒に入ればもうゴールです。「森見登美彦コーナーの前で手を出したり引っ込めたりする」という名のローションで、只々寝ているだけでの騎乗位が完成してしまうのです。




…如何だったでしょうか。
シミュレーションでは、私達が行える様な努力で、容易に女子が腰の上で踊る図が完成してしまった訳ではありますが、毎回毎回こんなに上手く事が運ぶ訳では決してないでしょう。


しかし、只々「出逢いを待つ」「救ってくれるのを待つ」のではなく「自分が出来る限りの努力」を続ける事が出来れば「明日には気付かれるかもしれない」という、未来への活力が生まれてくる気はしませんか。「全裸になって仰向けで待つ」から「全裸になってローションを予め塗っておき、仰向けで待つ」へのステップアップ。コレは決して無駄な努力ではありません。そういった心遣いが、必ず貴方だけの「幸せな家族」を築いていく事に繋がっていくはずなのです。



画像1
ガンバレオトコノコ!レッツエンジョイ「騎乗位」ライフ!