読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の電気あんまを思い起こすだけで、身体中にブツブツが出て来てしまう。私は興奮できたであろうインターネットのエロシチュエーションの一つを、

6歳だった頃に毎日のように父親に股間に電気あんまをかけられたせいでこんな人生になってしまった。居間で寝転がっていると必ず仰向けにひっくり返されて股間に右足がセット、2mmでも勃起するまで延々と電気あんまが続くのが私の毎日の夕飯後の過ごし方であり幼少期であった。

 


最初のころは親とのスキンシップだと喜んでいたが、これが1ヶ月2ヶ月と毎日の様に続けられると苦痛でしかなく、小学校低学年の子どもが成人男性の腕力に適う訳もない。終いには私のおちんちんの様子を右足で確認しながら大声で「気持ちいいと言うまで俺は辞めんぞ!!」と大声で詰られる。私が小学校高学年あたりになると流石に父も抵抗を感じたのか頻度はグッと減ったが、今度は4つ下の妹が毎日の様に居間で悲鳴を上げていた。妹の「イヤー!」を聞きながら2階で64のスマブラを遊んでいたのが数年後の毎日の夕食後の過ごし方であり4年後の幼少期であった。
今「電気あんま」で検索するとちょっとしたエロエピソードがわんさか出て来るし、私の人生において「力づくで父に電気あんまされる女子小学生」との会合が全く無ければオッと思ったかもしれないが、私の人生おいては「力づくで父に電気あんまされる女子小学生」はすでに登場している。しかもそれは血を分けた妹である。30代前半の土田晃之そっくりの父にされる毎日の電気あんまを思い起こすだけで、身体中にブツブツが出て来てしまう。私は興奮できたであろうインターネットのエロシチュエーションの一つを、父に潰されてしまっている。そういう事をツイッターに流れてきた「電気あんまのイタズラをされる女児の二次画像」がRTされて思い出す。

 


過去のちょっとした出来事が大人になった今、ふとした時に頭によぎる事で「トラウマ」と後追いで認定してしまう事が多々ある。私は一体、こういった爆弾をいくつ抱えてしまっているのか?「女子中学生にキモいと興奮するので言われたい」などとインターネットでのたまう成人男性がインターネットには掃いて殺すほどいるが、彼らは中学生の時に女子中学生に「キモイ」と言われた事なく後に私立文系の大学を卒業し就職2年目の夏のボーナスで5.1chのサラウンドスピーカーを買ったようなフェイクデブであるので、簡単に見分けがつく。

多感な時期に他者に「キモイ」などという罵声を浴びせられ数年経過、学生時代の記憶が大分薄まったところで何かのきっかけでトラウマが爆発してこその「キモイ」経験者である。「電気あんま」と「女子中学生からのキモイ」の様に、全うな青春を過ごす事ができずに大人になった人間たちが、一体いくつの爆弾を抱えながら生活しているのか見当も付かない。私の見るもの感じるものが、いつ起爆スイッチの役割を果たしてしまうか分からないのだ。

赤松健の漫画が目に入る度に、魔法先生ネギま!に私を投影させたオリジナルキャラクターが登場する脳内連載漫画の第1話が鮮明に脳裏に浮かんでくる。

ペルソナ5で遊んでいる時、イゴールの「これはこれは…」という台詞を聞く度に、時給683円の本屋バイトをしていた時にブックカバーをかけるのを手こずっていると「そんなかけ方してんの?…それはそれはって感じだな」とデカイ独り言をしてきた30代くらいの客ハゲのハゲ方を思い出す。

 

 

こうなれば真っ白な空間の事だけを考えて生きていきたいが、真っ白な空間の事だけを考えていきていくには口座に残った2万円のみでは若干辛い。過去に囚われずに現在(いま)を生きろとはよく聞くが、その現在が過去の出来事を引っ張りだしてくるのだから、「生き方」などと言うのは、私の意志とは無関係なところにあるようだ。

今思うのは、全身が毛深い方で自慰を2日に3回行うこの体質は、幼少期からの電気あんまによる男性ホルモンの刺激があったからでは?という事だ。性欲が人並みよりも強い分、自慰における気持ちよさも平均より多く経験している事になるが、それであれば私は両親とも円滑な仲を築き、体毛も薄く、電気あんまで気持ちよくなってしまう女子中学生の2次画像で興奮する方がまだ良かった。子どもは親と環境は選べないものだが、「あなたの家は電気あんまを日常的に行うご家庭ですか? Yes or No」くらいのアンケートは取るべきである。

 

 嫌いという訳では無いのですが…

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)