読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我々スーパーファミコンだいすきクラブが暮らすこの日本という国は

暑い。暑すぎる。
朝は寒いくらいだったのに、昼過ぎになれば半袖1枚になってもまだ暑い。


ついこの間までストーブに灯油をキュコキュコ入れていたはずが、どうしてこんな事になってしまったのか。
明らかに殺意をお互いに抱きながら命の奪い合いをしていた2分後に「なかまになりたそうにこちらを見ている!」と媚を急に売り始めるドラクエレベルの掌返しだ、コレは。お前らモンスターには心という物は無いのか。後のシリーズで拾った記憶があるぞ、心。


しかし、しかしだ。
私は海外で暮らした事もないし、人生で一番「海外」という物に近付いたのが『桃鉄で目的地がハワイの時』だった人間なので風の噂でしか聞いた事がないのだが、どうやら我々スーパーファミコンだいすきクラブが暮らすこの日本という国は、四季があって過ごしやすいらしい。


なるほど、確かに「食べもの」という観点から見れば、テレビや雑誌では「旬の食べ物」が毎月の様に挙げられ紹介されているし、「レジャー」という観点から見ても、春はお花見、夏は海、秋は紅葉に冬はスキーと、その季節特有の楽しみがあるというのは、改めて考えてみれば魅力的だ。


日々の生活にメリハリを与えてくれる物が「環境」であるのだとしたら、私の高校時代にクラスのバカ12人が「風だ風だー!!」と叫びながら日直の私が貼った掲示物を破いていった『まいあさのふうけい』よりも、変化に富んだ日常をこの日本という国は提供してくれているのだろう。毎日の気温が氷点下を割る様な国であれば、さっきまでプリントだったゴミを外に捨てる事すらできないだろうし。


ただ他国がどうであれ、私は『今』暑いのだ。


アイスランドでは氷に全てが閉ざされていようが、南スーダンでは熱帯夜とマラリアで寝苦しい日々が続いていようが、桃鉄で真冬に赤いマスに止まっただけで数十億の赤字が生まれようが、高校のバカ12人が行った毎日の授業妨害の末に私の偏差値が15下がろうが、私は『今』暑いのだ。


朝の情報番組は旬の食べ物を紹介する暇があったら脳髄のどこを弄れば暑さ寒さを感じない様になるのか図を使って解説してくれ。その方がきっと建設的で『今』的だ。


それに、日本には確かに四季はあるが、「四季折々」という文字列になるとコレは嘘だ。


3か月に1度季節が変わるから折々というのであれば、1年の半分は往々にして寒いから冬だし、4月5月になっても度々寒い日はあるし、かと言って冬の装いのままでいると、狙い済ました様に今日の様なかんかん照りの日がやってくる。
日本の気候は少し不器用過ぎる。不器用すぎて「1枚の紙をまず4つに折ります」すらの事も出来ないのだろう。




5月の真夏日の中で過ごしていると、私は幼稚園児だった頃を思い出す。


算数や国語など、授業めいた事を一切行わない幼稚園に入園した私が日中やらされた事といえば、折り紙や粘土遊び、お絵かきであった。よって『手先が不器用な子供はウチにはいりません!』と折り紙すらも上手く折れない様な子どもの人権を一切無視する様なカリキュラムが組まれていた。毎日毎日折り紙。毎日毎日お絵かき。私は幼稚園の頃から不登校気味だった。(そして毎日毎日、園で買った備品の「バーバパパ、結婚する」のビデオ上映会。もう2000回は見た。バーバパパが階段に変身して家族を高台まで歩かせる自己犠牲の精神に感動した。嘘だ。)


だから【こぶたのつくりかた ①おりがみをさんかくにおります】と『完全折り紙マニュアル100』的な本に表記された基礎中の基礎も出来ないほどに不器用だった私には、この気候の不器用さがよく理解できるのだ。


ああそんなに急がなくていいんだよ、大丈夫大丈夫、自分のペースで行こう、焦らなくても待っててあげるよ、気にしないで…。


で、ここまでモスで書き終わって、車の中に戻り下書きを読み返す。
…暑い!車の中が暑い!車の中に置きっ放しにしてたメガネが熱を持って、耳にかけられないほど暑い。ハンドルが熱を持って、触っていられないほど暑い。
分かった。不器用はクソ。さっさと折り紙やれ。君の為にみんな待ってるんだよ?


※告知

『エスキのグデュヌォモヴア』というブログも更新しているのですが、そちらでは閲覧者の方々に「今日のテーマ」を募集しています。

投稿フォームに、
【1つの単語】
もしくは
【8文字以内の言葉】
を投稿して頂き、毎回1つのテーマから連想した事を書かせて頂くのが、あちらのブログの趣旨です。


投稿フォームは以下の3つです。


1、『エスキのグデュヌォモヴア』のコメント欄に直接投稿
http://alktixi.hateblo.jp

2、Gmail で投稿
http://askicks1248@gmail.com

3、twitterアカウントに投稿
http://twitter.com/Alktixi


詳細はこちらのページまで。

http://alktixi.hateblo.jp/entry/2099/12/31/000000

よろしくお願いします。ます。