読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今ココでストップしてしまったら、ユースから引き上げたドイツ人サイドバックのコンテント選手はどうなる?

ここ最近ずっと「ガッチャマンクラウズを見る為だけにCSのチャンネル契約するのが悔しい」などと言って生卵を壁に投げつけたりしていたが、もう9月も半ばだ。出来れば生産性ある行為だけをしながら日々の生活を送っていければと常々思う。


しかし、そもそもの『私の思考』自体が、何も生みせない無い無駄な行為である事は周知の事実(始めての方はそれだけでも覚えて今日は帰って頂きたい)。思考を巡らせれば巡らせる程、只の『時間経過』が行われるだけであるのなら、何をも話さず何をも考えずいるのが私にとっての【得】なのでは無いか?とも思ったが、もう日テレプラスと月額630円で契約してガッチャマンクラウズが見れる環境が残念ながらすでに整備されてしまったので、しょうがないから見るしか無い。残念。帰ったら見る。


では『無駄ではない行為』は一体なんだろうと考えてみたが「ちゃんと終わりが設定されてる作品なり物事」に取り組む事なのかな、と思う。「死」があるから「生」の尊さが分かる様な物で、本も映画もゲームも「エピローグ」「ラストシーン」「ラスボス討伐後のパーティー内で一番好感度の高かった娘とのいちゃつき」があるからこそ、「そこ」に向かって進んでいける。【終わりがある遊び】というのは、それだけでとても健全だし、とても健全な楽しみ方でもあると思う。


本や映画は勿論、ゲームもダラダラと続く事なく「スパッ」とした終わりが設けられてる物の方が、なんとなく『やりきった感』みたいなのがあって健全な気がする。今日はモンスターハンター4の発売日という事だけど、ああいう【終わりの無いゲーム】は際限なくダラダラと続けられてしまうから、私の様な自制心未発達障害男児には全く適さないと断言できる。何故断言出来るかと言えば【終わりの無いゲーム】にすでに何百時間も費やしてきてるから。


まあ「終わりの無いゲーム」と書いてブログを読んでる皆さんが真っ先に思い浮かぶ遊びといえば「リボ払い金利30%の支払いのせいで、全く借金が減っていかないファミマクレジットカードごっこゲーム」「紛争地帯に派遣され、テントに次々と運ばれてくる重傷を負った黒人の山にウンザリとするスーダン国境なき医師団ごっこゲーム」「新卒で地元の中小企業に就職したはいい物の、月間残業時間30時間の薄給業務、家に帰れば母からの『結婚はまだか』『こんな田舎じゃ嫁なんて来んど』の留守電を聞かされ、貯金を貯めるも趣味は無く、1日、1月、1年と、薄い後悔を常に心の中に押さえながら、今日も昨日と同じ様に時間だけが過ぎ去って行く。こんな人生をすり潰していく日々が、自分が望んでいた未来だったのか?と思い悩み転職してパン屋開業1歩手前ごっこゲーム」が該当すると思うが、今回は全部ハズレ。正解は「サッカーゲーム」だ。中学生だった時にウイニングイレブンシリーズにハマり、20歳を越えた辺りでFIFAシリーズに鞍替えしたが、コレが辞められない。


私はウイイレシリーズでは『マスターリーグ』、FIFAシリーズでは『キャリアモード』と呼ばれる、1つのチームの監督兼選手となってチームを勝利に導くモードしかプレイしないのだが、このモード、ピッチ上の選手を動かしたり、他のクラブから選手を買ってきたり出来るだけで、ストーリーらしいストーリーは全く無い。シーズンを通して50試合ほどを行い、選手の体調に気を配り、20代前半から30代中盤までのオジサンたちの顔写真をボーッと見ながらスタメンを組み、試合が終わったら、また体調に気を配って、オジサン顔写真を見ながらスタメン決めて…を永遠に繰り返す。例えリーグ優勝、チャンピオンズリーグ優勝などゲーム内で獲得できるトロフィーを全て獲得したとしても、スタッフロール後にチーム内で一番好感度の高かったオジ写(面倒なのでもう省略します)とのキャッキャウフフも全く無く、またすぐ次のシーズンが始まる。


考える事も殆どなく、只々スティックを動かしながら画面を見つめ続ける数百時間。何が楽しいのかと聞かれれば、「脳内で性格付けた選手たちの動向を想像する事」だったり「今行った試合の会見に監督として出席し、質疑応答に脳内で答えていく事」といった「妄想」が主なのだが、コレも終わり所が無い。


暇があればPS3の電源を入れ、不毛な妄想にまた数時間使ってしまう。こうしてる合間にも、録画したアニメはドンドン溜まっていき、買った本は積み上げられ、生涯賃金は今日も減っていく。しかし、今ココでゲームの進行をストップしてしまったら、ユースから引き上げたドイツ人サイドバックのコンテント選手はどうなる?まだ彼は19歳だし、私が監督するイギリスの弱小クラブ、FCコベントリーシティに彼は15歳でドイツから単身でやって来てくれたのだ。そんな若者の将来をココで潰す訳にはいかない。またクラブ史上最高額の移籍金でアメリカから獲得した悩めるストライカー、レンハート選手は26試合3得点のまま【期待はずれ】の烙印をファンから押されていいのか?お願いゴール決めてレンハート。アンタがここでゴールを量産できなかったら、私のクラブはどうなるの?まだシーズンは1/3も残ってる。ココで活躍できれば、2部に昇格出来るんだから!次回「金に困ってゲオに売る」。デュエルスタンバイ!


実際、もう売る事でしか自制できないかもしれない。何か書いてたらまたやりたくなってきたし。