読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『スーパードンキーコング2』や『スターフォックス64』なんかとは全くの逆である

人には「出来ること」と「出来ないこと」というのが確かにある。


実際、私も「明日からハローワークに行って職を探せ」と言われたらそれは無理だし(普通無理だ)、「来月からちゃんと友達に毎月5000円ずつでもいいから借金を返していけ」と言われたら、それもやっぱり無理だし(どう考えても無理だ)、「生きていても、社会のお役に立つという『大人』としての義務も、生殖活動を行う事によって『人間』としての最低限の義務をもこの先こなす事も出来ない様なお前は、一生裸に服の絵を書いて生活していろ」と言われたら、イヤ?それは出来るのかもしれない(家に出なければ良いのだからイケるかもしれない)。



自らの「出来ること」と「出来ないこと」が分からない人間の怖さ、恐ろしさといったら無い。自らの力量を知り、自らの過去のミスを振り返り、そしてそれを反省し、自らがどういう人間なのか、得意分野、苦手分野は何なのか、どういったシチュエーションなら最大限の力を発揮出来るのか。常に問われ、常に答え、常に自分自身の評価というのを更新していけるのが、恐らく『大人』という物である。



そして人間は残念ながら年を取る。我々はその『大人』に近付けば近付くほど、その『判断』のミスを許される回数が、いつの間にか減っていくのだ。



時間をかけ、その生命を維持すれば維持していく程、ミスが許される回数、即ち『残機』が減って行く。我々が幼少期に買い与えられ、自意識の発展に多いに貢献してくれた『スーパードンキーコング2』や『スターフォックス64』なんかとは全くの逆である。自らの長髪をブン回して鳥やらネズミやらを平気で殺していく女サルを操って風船をゲットしたり、可愛さ愛らしさの全くない造形をし、何かあればすぐ敵機に後ろを取られ撃墜されていくカエルやらウサギやらを助けたりしていれば、ゲームの世界ではある程度のミスは許された。プレイ時間を重ねれば重ねるほど、周囲は寛大になってくれたのだ。だが、どうもこの現実はそうでは無いというのだから、やはり任天堂は偉大だった。



そういう訳で、あらゆる現象をその目で「見極める」というのが、日々においては重要になってくる。「この敵にはローリングアタックが効かないからジャンプ攻撃で殺そう」とか「ファルコが本当に邪魔臭いのでもう最初のステージで殺しておいてよいのでは?」とか、イヤそういう事では無い。



『日々において、事象と自分との関係性を、どんな時でも見極められればそれに越したことは無い』という事を私は言いたい。いつまで私がスーパーファミコンと64の話をしてると思っているんだ。時代に取り残されるぞ。いい加減にしろ。



しかし、『見極める』というのも、これもこれで難しい。例えば人間が生きてく上で、勿論「失敗」というのはある訳で、そしてそこに金魚のフンの様にくっ付いてくるのが「反省」である。自らの犯した「失敗」と真摯に向き合い、少し先の自分に何か残せる物はないか、と「反省」をする…。イヤ、多分私には無理だ。自らの犯した「失敗」にも『これは失敗ではなく、私の運が無かっただけだし、大体「ここはミスしやすいから気を付けてね」と私に言ってくれなかった店長が悪いしマニュアルが悪い』と憤り、少し先の自分をなるたけ精神的に楽にさせてあげようと問題の本質を見ようとする事はない。今日辛い目に遭うのなら、この先何年にも渡ってうすーく不幸である方を選んだ結果が、この私の現状である様に思えるからだ。



毎日と真摯に向き合うというのは、結局自分自身を戒める日々を送ることであるのだ。「見極め」が出来る人間は大学3年の秋からしっかり自己分析をして、OB訪問、セミナーにも参加し、単位をそれまでの2年半でほぼ修得し就活に毎日打ち込む事が出来るだろうし、SNSに嵌り自身の『20代』という若者でいられる貴重な時間をドロヘドロの中に突っ込む事も考えも付かないだろうし、出勤30分前なのにエロ漫画を読み始めてカウパーをダラッダラ流した格好でレジに立つ事も無く、毎月毎月貯金をし自身の将来設計をしっかり立てながら生きていくのだ。


そして見極めが出来ないから、私も週4回モスバーガーに入ってこの文字列を書いてしまうのだろうし、モスバーガーで書かれた文字列を日々のストレスで突出してきた眼球で網膜に映すあなた方も、また見極めが出来ていない人々という事であるのだろう。私のブログを読む暇があるのなら、インターネットに顔面を突っ込む時間があるのなら、漢字ドリルとか前屈運動とかゴボウの皮むきとかやってた方がずっと良い。


私に、貴方に、本当にインターネットなんぞを開いている時間はあるのか?この様な『おばあちゃんが貴方の顔と名前を忘れてしまった時』と同等の悲しさと虚しさをプレゼンツするだけの文字列を、本当に読む暇はあるのか?人には「出来ること」と「出来ないこと」があるという。イヤ、3DSスターフォックスも販売されてるし、ドンキーコングの新作もちょうど今週出たばかりだから、『お金があるならインターネットを休んでやってみよう!』とか、そういう事を言いたいのではない。『真人間になりたいのなら色んな物を捨てなくてはならない』という事を私は言いたい。見てくれ、2chまとめブログの様に記事の下部にアフリエイトが表示されてはいないだろう?