読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか一つ拠り所があるのなら


最近、竹達彩奈さんが気になります。


画像1




画像1




画像1





何なんでしょう。この感じ。



顔の角度で目鼻の造形を誤魔化そうとはしない潔さも特筆すべき点ではありますが、例え家が近所の中学生に燃やされた直後でも、この写真を見れば振り上げた拳もダラリと垂れ落ちる事でしょう。


「可愛い」とは違います。「愛らしい」でも無い。何となく全てがどうでもよくなってしまう。そんな不思議な魅力が、竹達彩奈さんが写る写真にはある気がするのです。


私は「戦争や殺人がこの世から消滅する事を願う一派」と「スカイリムの様な脅し、ゆすり、賄賂で人ひとりの命を簡単に消す事が出来る様な社会を目指し、賞金首の山賊を殺しに殺しても小銭しか貰えず憤慨一派」でこの世が2分されてしまうとしたら、悩みに悩んでギリギリ前者を選ぶ人間であるので「竹達彩奈さんを見ると全てが解決する」であるのならば、勿論コレを世界中に広めない理由などありません。

しかし、例えばインターネットを使用する手段の無い人々にはどうしたら良いのか。途上国に暮らし、パソコンなど触った事も無い様な人々はどうしたら良いのか。


私は考えました。竹達彩奈さんを見る事が叶わないのならば、「各地に存在するあらゆる物体、あらゆる事柄から竹達彩奈さんを見出す事が出来れば、世界は平和に近づけるのではないか」と。
このブログで『ホラ、キミのこんなに近くに竹達はいたんだよ。』と気付かせてあげる事が出来るのではないか、と。


こうなったらもう善は急げです。
まずはWikipediaから、竹達彩奈さんの項目を引っ張ってきましょう。


なになに…



画像1

竹達 彩奈(たけたつ あやな、本名同じ、1989年[7]6月23日 - )は、日本の女性声優、歌手。アセンブルハート所属。

埼玉県出身[6]。血液型はO型。

中学2年の頃に、アイムエンタープライズ系列の日本ナレーション演技研究所の特待生オーディションを受け、同所に入所。その後、劇団ヴォアレーヴ(アイム社系の養成を目的とした附属劇団)などに在籍。中学3年生の春に15歳でアイムエンタープライズに所属。当時は最年少記録だった[8]。



なるほど、「最年少記録」と聞くと、何となくエリートな感じがしますね。


幼い頃から自分の声にコンプレックスを抱き、周囲(特に友達)からも「アニメっぽい声」と言われて嫌いにもなっていたとのことだが[9]、それらの作品を通して徐々に声優という職業を意識するようになり、自分の声を逆に生かそうと思ったことで声優を目指した[9]。


こういう風に纏められていると、何となく「志望動機」を連想しますね。就活生だった頃を思い出してブツブツが浮き出ます。


声優になると決意した際「養成所に行きたい!」と母親に伝えると当初は「学費が高いイメージがある」と言う理由で反対されていたが、習い事とそう変わらない費用だったことを知り、賛成に転じたと言う。

何だか進研ゼミみたいなキッカケなんですね。




いや、でも竹達彩奈さんがどういう人間なのか大体分かりました。『コレさえ抑えとけば竹達彩奈!』みたいな所は掴めました。



つまり
•中学3年、最年少記録で事務所に所属
•ちょっとだけ反論できれば母は賛成する


この2点さえ抑えておけば、大体の物は竹達彩奈さんになる様です。

試しに1つやってみましょう。







画像1


焼達 肉奈(やきたつ にくな、本名同じ、2013年4月21日 - )は、牛角の肉、野菜。網の上所属。

オーストラリア出身。血液型はB型。

中学2年の頃に、定期的な訪問調査、商品品質管理及び第三者機関による衛生検査を受け、同所に入所。その後、加工時における衛生検査、運搬での管理検査(カット時にも衛生面の検査は怠りません)などを通過。中学3年生の春に15歳で炭火焼肉チェーン店牛角に所属。当時は最年少記録だった[8]。



なるほど、お客様の口に運ばれるまでにも徹底的な検査が繰り返される訳ですね。


食肉になると決意した際「牛角に行きたい!」と母親に伝えると当初は「冷麺しか美味しくないイメージがある」と言う理由で反対されていたが、本物のちゃんとした焼肉屋が出す冷麺と比べると大したこと無いことを知り、賛成に転じたと言う。


…出来てしまいました。焼肉に竹達彩奈さんの姿を見る事が、出来てしまいました。インターネットを使えない環境にいて焼肉は食える人間がこの世に何人いるのか分かりませんが、「痒い所に手が届く」くらいの事にはなるかもしれません。


どんどんいきましょう。最早焼肉なんぞに構っている暇はありません。海外にも目を向けなくては。「日本から発信!このブログを通して全世界の人と繋がりたい!」などとツイッターの調子乗り大学生みたいな事も、今なら素直に言う事が出来ます。






画像1


マチュ達 ピチュ奈(マチュタツ ピチュナ、本名同じ、15世紀 - )は、ペルーの世界遺産、岩。積み上げた岩所属。

インカ帝国出身。血液型は岩。

中学2年の頃に、岩を削りに削り、削った岩を積み上げに積み上げ、同所に入所。その後、スペイン人の魔の手から逃れる為に(復讐の作戦を練る為であったとも言われる)秘密都市マチュピチュを建設。中学3年生の春に15歳でマチュピチュという高度な文明を残したまま、更に山奥に引っ込む。当時は最年少記録だった。



15世紀に栄えた南米ペルーのインカ都市マチュ達。100年前の1911年7月24日、アメリカ、イェール大学の考古学者ハイラム・ビンガムが発掘を開始するまで、マチュ達は長く忘れられた存在だった。

世界遺産になると決意した際「TBSで特集を組まれたい!」と母親に伝えると当初は「パンキシャが見れない」と言う理由で反対されていたが、引っ越しおばさんやゴミ屋敷の特集は最近はもうやってくれないことを知り、賛成に転じたと言う。


あの岩にも、この岩にも、竹達さんの面影を感じる事が出来る。インターネットを使用する環境にいなくてマチュピチュを定期的に見ることの出来る人間がこの世に何人いるかは分かりませんが、ペルーの風は、きっと貴方を優しく包む。


焼いた肉でも、削った岩の塊からでさえも竹達彩奈さんの面影を産み出す事に成功できたという事は、コレはもう少しレベルを上げてみても構わないでしょう。
つまり、「普段遠ざけている物からも竹達彩奈さんを連想してみる」という所に挑戦してみるのです。私たちが忌み嫌っているあの糞虫にも、泥水にも、文系大学2年生にも竹達彩奈さんの姿を思い浮かべる事が出来るのならば、世界平和はもうすぐそこです。

試しにひとつやってみましょう。





画像1


ハロ達 ワク奈(ハロたつ ワクな、本名同じ、1989年6月23日 - )は、日本の求職者、無職。親の金所属。

大卒無職出身。血液型は出産時に低所得者の親が追加料金を払って血液型を調べてもらうのを拒んだ為に不明。

中学2年の頃に、求職申し込み書を申請、ハローワークカードを受け取り、同所に入所。その後「どんな仕事がよいのか決められない」、「具体的な求職活動の仕方が分からない」といった就職に関する相談(応募書類の書き方、面接の受け方なども親切丁寧に受け付けます)を窓口で体験。中学3年生の春に15歳でインターネットによるオンラインシステムで全国の求人を職員と検索。当時は最年少記録だった。



なるほど、ハローワークに行ってみれば色んな仕事が私たちを待っている訳ですね。不況だの就職難だのと文句だけを言って何もしていない若者は、ハローワークに行っていないだけなんだ、きっとそうだ、そうだきっとそうだ……



きっと…きっと、そうだ………


社会人になると決意した際「ハローワークに行きたい!」と母親に伝えると当初は「アッアッアッアッやっとやっとアッアッアアッ」と号泣されていたが、毎日パートへ出かける前に渡しているハローワークまでの交通費を、本当は何に使われているのかは全く知らず、母は只々子どもの幸せを願っているという。




…アレ、おかしいな…行けると思ったんだけどな…

...


......



.........




画像1




リボ達 払奈(リボたつ はらな、本名同じ、1989年6月23日 - )は、日本のお得なクレジット払い、リボで楽しい生活を。目に見えない借金所属。

月々3000円払い出身。血液型は大阪の市街局番から掛かってくる支払いの催促電話。

中学2年の頃に、「実はローン払いよりリボルビング払いの方がお得!是非リボ払いお得に今まで欲しかったアレもコレも手にいれちゃおう!リボッ」のCMに騙されて同所に入所。その後「月々3000円しか払わないのにゲームも本も家具も買える」、「お金がない。でもリボ払いで美味しい物を食べに行こう!」といった(コレならアルバイトを休んで遊んでいても平気なんじゃないか?奨学金もあるし)愚行を体験。中学3年生の春に「未返済金がコレ以上多くなる様なら返済能力なしと見て今すぐ支払いしてもらうよ?何万の借金してるか分かるよね?」といった手紙をポストで発見。当時は最年少記録だった。



いや、違うんですよ。最初はね、ちょっとずつちょっとずつ、返せる範囲でって思ってたんですよ。でもね、就活の交通費がね、全然足りなくてね、それでね、あのね、それでね、


クレジットカードを作ると決意した際「リボ払いでお得に生活したい!」と母親に伝えると当初は「お父さんと一緒でお前も借金をつくるのか!!」と激怒されていたが、リビングに一度置きっ放しになっていた返済催促状を見てももう何も言わず、60歳まで続く毎月の学費ローンの返済に追われながらも、母は只々子どもの幸せを願っているという。





…申し訳ありませんでした。「平和を願う心に限界は無い」と思って始めたはずが、逆に「何事にも限度がある」という事を証明するだけになってしまいました。


焼達肉奈は分かります。マチュ達ピチュ奈も許せます。只コレだけは駄目だ。ハロ達ワク奈は駄目だ。リボ達払奈も許されない。この他にもオフ達パコ奈、語彙達足り奈と、候補はいくつもあったのですが、書かずとももう分かる、「いくら竹達彩奈さんでもこれらの事象は覆い隠せない」。


何故こんな事になってしまったのか分かりません。私は只々みんなの為を思って始めたのに、只々みんなの笑顔が見たくて始めた事なのに、いつの間に古傷を抉る様な真似をしていたのか、いつの間に竹達彩奈さんから私の話になっていたのか。


ハローワークからは竹達彩奈さんの面影を見出せません。リボルビング払いからは竹達彩奈さんの面影を見出せません。ただパートに週6で出勤していく母の後ろ姿を思い浮かべるだけです。

ああ今日も粛々とパート業務に励むお母さん。今なら深夜12時のモスバーガーで働くオバサンも、ビルの清掃業務で三角巾を被り雑巾で一生懸命に窓を拭くオバサンも、コンビニの隅に座ってお弁当を一人で食べだすオバサンにも、私は思う事ができるのです。「彼女も人の親なのだな」と。「誰かの命を背負って生きているのだな」と。

ああ、お母さん、お母さん、お母さん…





……


………






画像1


母達 母奈(ははたつ マザな、本名同じ、1989年[7]6月23日 - )は、日本の母、聖母。神の使い所属。



…こういう事か!!