読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑の芝生にダイブしたい

最近、サッカーをよく見ている。コレで念願の『趣味』を、私も手に入れる事が出来たのだ。


改めて言わせてもらうとするならば、私はサッカーを見る為に、「日本の頭上に打ち放たれる電波という電波を支配し我が物とする事で、善良なる日本国民が持つテレビに『映像を映す』。ただそれだけの事さえすれば、毎月毎月億単位の金が懐に入ってくる仕組みを確立する事に成功した、超絶大企業、メディアのジャンヌ・ダルク』ことスカパー様に5000円を払うだけで、「腹の足しにすらならない『娯楽』なんかの為に5000円を払えるなんて、私も大した人間になったのだな」と調子に乗れる程、単純な人間である。
『気持ち良い』だから『股間のゴシゴシを続ける』。
このくらいの事しか「物事」と「物事」を関連付けて考えることが出来ない人間が私である。

なので、何故「網膜にボールが只々転がる様を映すためだけに5000円も払わねばならないのだ」とも思わない。
何故「『今だけ!アンテナ取り付け無料サービス!9月30日までの期間限定です!』と、スカパー様が仰るから、急いで9月27日くらいにスカパーと契約したのに、10月になったら『今だけ!アンテナ取り付け無料サービス!12月31日までの期間限定です!』の広告に切り替わり、視聴者を小馬鹿にしているとしか思えない様な宣伝」にもイラッとする事はない。
そして、そのクソみたいな宣伝を掲載するスカパーホームページに、恐らくスカパーイメージキャラクターとかそんなんなのだろう、白タイツを着たウエンツ瑛士の、視聴者を小馬鹿にしているとしか思えない「硬い牛スジみたいな笑顔」にも腹を立てる事は無い。
何なら、ウエンツ瑛士が天才てれび君の司会になり、15年前の天才てれび君で、彼がまだ子役として出演していた頃を覚えている20代中盤の大人たちを『ここまで大きくなりやがって…』と早く感動させろ、情熱大陸がそれで特集を組め、とすら思う。それ程までに、私はスカパーが放映するサッカー番組の虜になっているのである。


屈強なむさ苦しいイングランド人が、只々ボールを蹴り上げる姿に、何故これ程までに魅力を感じるのか、訳が分からない。
小柄で天然パーマ、体毛も濃いくせに年収は15億貰っているアルゼンチン人の、ボールを跨いだりステップを踏んだりしてるだけの数秒間に、何故深夜3時にも関わらず、声を上げてしまうのか、意味が分からない。
全身にタトゥーを入れ、ゴールを決める度にユニフォームを脱ぎ「俺のこの体を見てくれ!全世界の人間どもよ!」とピッチを走り回る横で、レフェリーにイエローカードを提示される様な、完全に前頭葉の無いイタリア人を、何故何となく許してしまうのか、理解が追いつかない。訳の分からない90分が、私を私でいさせてくれない90分が、確実にそこにはるのだ。

訳が分からないのは、『コレで僕も私もサッカー通!日本人はサッカーが下手!スペイン最高!バルセロナ!フットサル行こうぜ!フットサル!』という様な、サッカー被れ高校生大学生を大量に産み出す事でお馴染みの欧州サッカーだけでは勿論無い。先週開幕したJリーグだって素晴らしい。

「あっ、池袋にいそう!」的な髪型をしたオシャレサッカー選手が、何故大量にJリーグに所属しているのか、訳が分からない。
『モニワ』とか『コオロキ』とか『ウガジン』とか『デイビットソン純マーカス』とか「何その苗字!?Jリーグって変わった苗字じゃないと入団出来ないのか!?」と、何故テレビ画面に向かって思わず声を上げてしまうのか、意味が分からない。
アイドルと合コン報道をされた選手の所属するチームが、私の田舎である新潟に開幕戦で劇的な勝ち方をして『プライベートではアイドルとセックス出来たし、仕事ではいい流れで勝てたしで、ホント人生最高!』という様な顔でピッチを一周し、サポーターから歓声を浴びる姿に、何故やるせない気持ちになってしまうのか、何故私は24歳の山奥に住むフリーターなのか、理解が追いつかない。
サッカーを見ているだけなのに、『自分は一体何なんだ』と落ち込む事も出来るのだから、サッカーは正に一つの物語。『夢の劇場』はいつでもどこにでも、この極東で開催されるJリーグにだって存在するのだ。(こんな身の程を思い知らされる物語は嫌だけど。)

「楽しさ」という物を一体何に見出すのか。コレは人間にとっての命題であり続けるのだろうが、この「楽しさ」は非常に楽で良い。
なんせ、コレは『サッカー観戦』である。
ただソファーに座って、ただ画面がある方向に顔を向けて、ただ「あっボールが行ったり来たりしているぞ」とだけ考えれば、それだけで「何かを楽しむ人間」が完成される。そして口座から5000円が引き落としされるのを許しさえすれば、サッカー観戦という「趣味の様な物」を手に入れることができる。
考える事も無いし、運動をする事も無いし、記録を付けたりする事も無い。果たしてコレを『趣味』と呼んで良いものかと、少し疑問に思う人もいるかもしれないが、しかし私は5000円も払っているのだ。5000円だ。5000円。時給が750円だから、殆ど日給だ。5000円。5000円も払って得ている物が、趣味で無い訳が無い。

人間らしさが無いあなた。エイリアンの様な顔色になってきたあなた。ご家庭で、スカパーの導入を考えてみては如何だろうか。『趣味の様な物』が、きっとあなたを誤魔化してくれるだろう。しかも、ちょうど今、期間限定でアンテナ取り付け工事が無料らしい。こんな事もあるんですね。巡り合わせ、って言うんですかね。