読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂気!あらぬ言い掛かり!

「こんな調子ではすぐ寿命では?」と思う程に月日が流れるのは速すぎる。今日やろうと思っていた事を明日に延ばしたり、3日で読もうと思っていた本を1週間かけて読んでいたり、給料日を心待ちにしながら「おばあちゃんに借りた車検代も返さなくちゃいけないけど、もう借りたのは半年くらい前の事だし、おばあちゃんもスッカリ忘れているのでは?」と思ったけどしっかりおばあちゃん覚えてて『クソが』となっていたりしたら、もう新年が始まって1ヶ月過ぎてしまっている。人間が生きている合間に、見たり、感じたり、経験できたりする事は時間的に見て限られている訳であるが、明確な目的が人生に無い人間にとっては、そういう「時間的な縛り」を思い出す度に、なんとなく世の中にゴメンナサイしてしまいそうになってしまうのは、「世の中に生かされている」感を強く感じてしまっているからだと思う。謝らないけど。


時給750円のバイト先のレジで小銭の数を数えたり、あまりに暇なのでトランプタワーを1人でやり出したり、Twitterをしたり、ブログを書いたりの日々の中に私は生きている訳で、寝ている以外の全ての時間帯で「ハッ、私は一体何をしているんだ!?」と急に我に帰って自分の頬を自分でペチンと叩く事も可能といえば可能な『薄い空虚感が漂う』のも毎日の事になりつつある。そういう明確な目的も無い様な「よく分からない時間」で書かれた文字列を、また今まさに現在進行形で流れている「よく分からない時間」内で見返して読む、というのは何だか物凄く病巣が深い様な感じがしてかなり気持ち悪い訳ではあるが、私のブログを読む人間に明確な目的を持って一日一日を満足に生きている者など誰もいない事は知っているので、まあ別に良いのかなと思う。


「迷惑をかける人間は誰もいない」という事が分かった所で、久しぶりに少し前の自分のブログを読み返して「ああ、こんな事もあったな 気持ち悪いな 頼むから死んでくれないかなと思う」という公開反省会、公開恥晒し、公開自殺未遂をやってみようかと思う。最近やっていなかったのは「さあ見返してみましょう!」とすぐ始めるのも気持ち悪いので、こういう前フリを書いてから始めようとは思っているが、その前フリがゲロ吐いちゃうくらい面倒臭いから、毎回毎回後回しになっていた。そして今。吐いてます。



「本当の逆の本当」
http://blog.livedoor.jp/kobochan24/archives/1699345.html
小さい頃は夜更かしして、トゥナイト2見ながらよく勃起したんですけど、(改行をいくつかやった後の書き出しが『よく勃起してたんですけど』は人間としてどうなんだ!?)仮病中は流石に私も夜更かしは自粛してたんですよ。学校休みたいから。勃起より病欠だったから。


で、ウチの父親は私がトゥナイト2を見ている所を何とか現場押さえて怒りたかったみたいなんですよね。一回父親の本棚からBUBUKA盗んだ事があって、後日バレて当然怒られるんですけど、その時の怒り方がすごい印象に残ってて、ニヤニヤしながら「あっコレはダメだわ。隣の家に住んでる○○君にも言わないといけないし、仕事場で会う△△ちゃんのお父さんにも言わないといけないわ。お前△△ちゃんとクラス同じだったよな?」みたいな。すごい陰湿っていうか、楽しんでるんですよ完全に。頭おかしいでしょ?頭おかしいんですよ私の父親。


で、そういうのもあっての仮病だったんです。その日は「さあ仮病だ」って自分の中で決めて、もう夕食前の「頭痛い、お腹痛い」も完璧に決まって、母親もおばあちゃんも「あっコレは明日お休みさせなきゃならんわ」の言質も取って、次の日完全にお休みの日だったんです。で、その日の夜の12時くらい。寝ている所に急に部屋の電気が付けられて、眩しくて、それで驚いて目を開けたら父親が立ってたんです。そしたら「今お前の部屋から足音が聞こえた!」って言うんですよ。「どうだ!」みたいな顔して。いや、寝てたんです、その日は。ただもう「息子が仮病をゲットして、しかもトゥナイト2を見てる可能性があるとしたら、それは悔しい!絶対阻止してやる!」と父親が思ったとしか思えないんですよ。あらぬ言い掛かりですよ、完全に。否定しても「イヤ聞こえた!」の一点張り。次の日に母親にもその事を伝えたみたいで、「夜中にテレビ見れる元気があるなら学校行けるな!」ってなったんですよ。で、風邪引いてるのに声を荒げて否定するのも「そんなに元気があるんなら~」ってなるじゃないですか。何だコレは。何だこの巧妙な罠は。


結局その日は学校に行かされて、体育の時間で乳首から血を流す山崎君とか見なくちゃならないハメになるんですけど。しかも、もうそれから殆ど毎日、父親が「布団の掛け直し」とかいう意味の分からない行為をデコイとした「トゥナイト2を見ていないかの監視」が始まるんですよ。そこまでして私がトゥナイト2を見るのを阻止したいのかと。そこまでして勃起を阻止させたいのかと。意味分からないんですよ。私の父親、意味分からないんですよ。




…失礼しました。ついついエキサイトしてしまいました、どうかしていました。どうもトゥナイト2の事になると、こうなってしまうんです。お見苦しい所を見せてしまいました。申し訳ありませんでした。


…いつもはこの公開恥晒し、2つの記事を振り返るんですが、少しエキサイトし過ぎて感情の高ぶりが激しいという事で、ここまでにさせて頂きたいと思います。これ以上、正常な精神状態で文字列を綴る自信がありません。とにかく「私の父親はどうかしてる」という事さえ皆様に伝われば、私は満足です。

という事で次回。