読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書いている内に思い出せるだろうとはてなブログにログインすると…

何かを忘れている様な気がしたまま、パソコンを立ち上げる。ブログを書いている内に思い出せるだろうとはてなブログにログインすると、「あ!Amazonでこの前買おうとしていたCD、カートに入れっぱなしにしたままだ!」と思い出す。たしか新品の在庫がなくて…

「オムライスが好きなんだよね」と言うと好感度が上がるのは何故だ?

「昔ながらのケチャップソースがかかった喫茶店のオムライスが好きなんだよね」と言うと好感度が上がるのは何故だ? 「この前洋食屋で食ったオーロラソースがかかったオムライスが卵も半熟で美味かった」のカウンターとして「分かるけど俺はケチャップのかか…

「私の遺影を抱きながら大泣きする母も、それを見つけてしまった時は一瞬泣き止み真顔になるのではないか」

「夢」の正体とは何か。私にはそれは「呪い」だと答えることが出来る。 目標より一歩分だけ遠いところにいる「夢」が蜃気楼の様に、一歩進むと遠のき、また一歩進めばまた遠のく。「アレ?」と、違和感を覚え足元をジッと見ていると、果たして自分はこれまで…

バクマン。っていう映画を見たんですけど、

バクマン。っていう映画を見たんですけど、良かったです。バクマン。と渇き。のネタバレがあります。 バクマン。 予告編はこんな感じです。 ヒロインの亜豆が『渇き。』のアイツなので、予告編を見る度に「佐藤健も昏睡レイプされてしまうのでは…」「亜豆が…

映画の下位下位下位下位下位下位下位互換だ)凄くよかった。

映画が好きでたまに見る。 どうやら今年の元旦の私は就職も決まり気が大きくなっていた様で「今年は新作50本、旧作100本の計150本見るぞ!」と息巻いていたが、入社して半年、繁忙期は月残業80時間で過ごす10月の私はそいつの後頭部をショックドライバーでゴ…

裏ワザを掲載した分厚い雑誌の『脱衣麻雀などのちょっとエロいゲームの裏ワザ紹介欄に小さく小さく掲載されるゲーム内のエロCG』であった。

インターネットが各家庭に配備される様になる少し前。 携帯電話やスマホが1人1台持って当たり前になるもう少し前。 そんな時代に小学4年生で自慰を覚えた私にとって、人生という物は「おちんちんを大きくする為の媒体探し」とイコールだった。 私が住んでい…

『1』と来て『2』が来て『3』で終わる

日常生活のあらゆる場面で、ふと「ここで嘘を言ったらどうなるんだろう」と一瞬でも意識してしまうと、心が遠く向こう側へと消えていってしまう事が多々ある。 美容室の担当の女性には「日本大学芸術学部卒業で就職できずに帰ってきました」と嘘をつき、ピク…

犬はあいつらはいつでも人様に向かって吠えに吠え「ここにいる全員の腱という腱を噛み切ってやる」とチャンスを窺っている野蛮な生物なので苦手である。

どんな人間にも「苦手な物」がある訳である。 『労働という義務をこなさなければ母の前で飯を食うことですら罪悪感を感じてしまう様なこの労働主義の歪な社会』や、『せっかくの日曜に部屋で一人で録画したアニメやメタルギアソリッド5を消費していると午後2…

「アウェイでもその雰囲気に負けないメンタルの充実を」という戦い方を実践していく必要がある。

スポーツにはホーム&アウェイという概念があって、それが試合を面白く見せる要素の一つになっているが、このホーム&アウェイ、スポーツだけでは無く、我々の生活にも置き換えて考える事が出来る。 自分が休息を得られる場所、趣味を楽しめる場所、産まれ親し…

映画「ANNIE」を見ました。

メールボックスの下書き欄をボーっと見返していたら今年の2月に見た映画ANNIEの感想が出てきました。 多分TBSラジオの『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の映画批評コーナーに投稿するつもりで、そのまま忘れてしまった物だと思います。 ロー…

小銭の計算は出来る?5円玉と10円玉の違いは分かる?

出来れば楽な仕事だけして暮らしていきたい物である。 私の考える楽な仕事、職業といえば、泣いてる児童の背中を休み時間中さすっているだけで給与が発生する「田舎の小学校の養護教諭」や、『シュートで終わって欲しいですね!』と取り敢えず90分間言ってお…

普通にもう1度やり直してもいいですか。スイマセン。

ブログに書くテーマや題材に困ると、手元の小説やエッセイを適当に開いて、目についた単語をテーマにして書き始めてみたり、お尻から出した時に一番快感を覚えそうな形の漢字を探してみたりするのだが、(シンプルに「音」とか良さそう。出っ張りが段々にな…

先日も母から「アンタの足からドブか雑巾の臭いがする」と言われたばかりである

6月に入りとんでもなく忙しくなり、毎日4時間弱の残業を強いられる様になった。平日は帰って寝るだけの生活でアニメも見れず映画館に行けず本も読めず、結果的に休日は溜まりに溜まった娯楽を消費するのに手一杯で、身体を休めている気が全くしない。 先日も…

今更ではありますが、先月の5月に久々の書き下ろしが出ました。

もうすでに発売され今更ではありますが、先月5月に久々の書き下ろし、『AT限定免許しか持ってないクセに「車の運転が下手なオタクにロクなヤツはいない」と宣うオタク』が出ました。前作の『プリント用紙をレジュメと呼ぶブスを全員殺す』が大体4年前でした…

「生活を休みたい」とアルバイトを辞め無限を手にしては後悔し

例えば先週、瞬く間に消えてしまったG,Wなんかは“数日間の休日”という有限な物であるからこそ有り難みを感じつつ午前9時まで寝ていられる訳である。 終わりが見えているからこそ今までできなかった事が出来たり、その限られた時間を有意義に使えたりする訳で…

1006回目のエイリアンズが始まる前に

基本的にブログに限らず文章を書く時は音楽を聞きながらになるのだが、3年ほど前からパソコンが壊れたままで、しかも月7万のフリーター生活2年と月6万8000円の雇用保険暮らし1年の生活がつい最近まで続いていたのでパソコンを新調するお金もなく、iPhoneに同…

ポケモンについて

誰にだって記憶はある訳で、記憶があるなら思い出もある。思い出は美化されるものだけど、例えば幼少期に多人数と何かを共有できた時の脳内に分泌される成分を、大人になっても外部から何らかの方法で摂取できるのなら、それはきっと麻薬と呼ばれるのだろう…

「やさしくなりたい」「強くなりたい」とは、誰もが抱く願望である

「やさしくなりたい」「強くなりたい」とは、誰もが抱く願望であるし、勿論私も例外ではない。 私が「もっと優しさを持って接してさえいれば…」「もっと私が広い心を持った強い人間であったならば…」と後悔した事も、1度や2度では無く、100度や200度では足り…

安全ピンについて

「夢」とか「いま欲しいもの」とかを聞かれると、薄暗い密室で2時間考えてからの「………UFOキャッチャーに2000円使ってみたい…」しか言えないのが私だが「幼少期の頃に怖かった物」の質問には、質問者が「よ」を発音しようと舌を動かせた十数年前、質問者の母…

インターネットついて

「個人がどの程度までインターネットの力を駆使し、そしてそれを娯楽として楽しんでいるのか」という事を数値化できたとして、それを『インターネット偏差値』として考えてみる。 勿論偏差値なのだから、数値が大きければ大きいほど、(それが社会一般的な価…

好きな小説について

好きな小説は、好きな映画は、好きな音楽はと聞かれる機会はそんなに多い訳では無いけれど、声帯を震わせ返答をする2秒前に毎回思うのは『「分かってないな」「気持ち悪いな」「死んでくれないかな」などとバカにされるのでは?』だ。 パッと思いつくだけだ…

「アジアのMicrosoft」と呼ばれている一流大企業ネスレ様から発売、老若男女に愛され北は北海道南は沖縄まで全国津々浦々その名を轟かせている粉末飲料、それが「ミロ」だ

ミロが好きだった。 …「ミロ」と一言だけでは皆さんには伝わりづらいかもしれないので補足。 日本を牛耳り「アジアのMicrosoft」と呼ばれている一流大企業ネスレ様から発売、老若男女に愛され北は北海道南は沖縄まで全国津々浦々その名を轟かせている粉末飲…

『下腹部の痛み』について

子どもの頃からお腹が弱い。 …もしかしたら勘違いしたまま読み進めてしまう方もいるかもしれないので、一応註釈。 ここでいう『お腹が弱い』は、「すぐお腹が痛くなったり下痢になったりする」の『お腹が弱い』を指す。 決して「2002のK-1でアーネスト・ホー…

まどかマギカについて

「その手のファンなら知ってて当然 or 見て当然」な作品なり何なりを、全く知らずにそこそこな年齢になってしまった気がする。 『漫画』でいえば、幼少期に大人気だったはずの「ドラゴンボール」も「キン肉マン」も「ジョジョの奇妙な冒険」も、恥ずかしなが…

ボロボロのクラウンを長年乗り回す絵に描いたような「ヤンキー上がりの田舎のオヤジ」だった父は

私が高校2年生の春、両親と妹と私の4人でギュウギュウ詰めの深夜バスに乗り、0泊2日の日帰り強行軍でディズニーランドに向かう道中、バス内で後部座席にいた大学生たちの馬鹿騒ぎで寝不足と乗り物酔いで体調を崩した私と妹が、群馬辺りで途中下車したのを最…

「僧侶も走る程に忙しい」という事で【師走】と呼ぶそうである。

「僧侶も走る程に忙しい」という事で【師走】と呼ぶそうである。 しかしそうはいっても私の田舎は雪で道が全て埋まっているのでお寺さんも走ろうにも走れない。 降雪で半ば軟禁された状態にあるからか、街の年末のざわめきも忙しなさにも全くピンと来ないが…

そこでは小柄で鼻にかかった様な甲高い声が素敵なお姉さんがよく店番をやっていた

ハンバーガーというのは元々、遊牧民タタール族が筋張った馬肉を食する際に食べやすく挽き肉として加工したのが始まりであったという。彼らは遠征時、乗用としてだけではなく食用にもする為、多くの馬を引き連れ草原を闊歩していたそうである。食事の際はそ…

【編集済】先日「rain」というゲームを買いました

先日「rain」というゲームを買いました。 以下はそのレビューになりますので、「よーし!暇だし日本語覚えたての黒人みたいな危なっかしい文字列でも何でもこい!!」という気概のある方でしたら、楽しい時間をすごせると思います。 「たまたまこのブログに…

何故「文章の向こう側には機械がいるのではなく、肉体を持った人間が確実に存在する」という文章上のミスを許容できる広い心を持つ事が出来ないのか

人間は言語に頼り過ぎている。人間は他者が発信する言葉や文章から、その本質を抜き取ろうとする。 人は何の為に文章を書くのだろうか? メモとして未来の自分へ宛てるため。思考の整理のため。妄想をモノとして残しておきたいため。 どんな意図があれ、我々…

雪が降る事で、雪国の中高校生は多感な思春期時代の3カ月をドブに捨てている

いい加減にしてほしい。この時期、目を覚まし布団から出てみれば「寒い寒い!」の大合唱が聞こえてくる。 家族から、友人から、同僚から、同級生から、テレビから、ラジオから、大卒無職の財布の中から、履歴書の「職歴」のスッカスカの純白部分から。いつい…

巨乳AV女優佐山愛と田舎道でタクシーに乗る所から始まる夢だ

夢を見た。 夢を見た、と言っても「小学生の頃に『将来の夢』というテーマでの作文で、高望みしないから普通のひとになって就職して仕事で年に500万円くらい貰える人になりたい」と書いたあの頃の私をブッ殺したい、でお馴染みの「夢」の方では無いので注意…

足が速いか速くないかで、人間のその後の大体の人生は決まってしまうのではないか

足が速いか速くないかで、人間のその後の大体の人生は決まってしまうのではないか。 いつかはおちんちんの皮も剥け、性器に第二形態があるなどとは想像もしない様な児童たちからしてみれば、始めて人間の格差を目の当たりにするのが、この【50m徒競走】であ…

私は自分が可愛いのだ。 昼飯には1100円の汁パスタも食べるし、休日も足の悪いおばあちゃんに風呂掃除もさせるし

忙しい。 春から通っている職業訓練学校での企業実習が始まり、朝5時半起床、片道1時間半掛け通勤、企業で9時間労働、そして家までまた1時間半という生活を一ヶ月続ける事になった。 しかもこれに加えて電気工事士の勉強も並行して続けているから、土日以外…

未だに深夜に外出するとテンションが上がる

未だに深夜に外出するとテンションが上がる。 電車で友達と飲み屋にでも出掛ける際に、窓から見える夜の街を見ればよく分からない興奮が湧き上がって来るし、車で一人、最寄りのコンビニや牛丼屋に深夜にブラッと出掛けるのも結構好きだ。(そういえば食って…

考えれば考えるほど学校の保健体育の授業に「愛情」や「性技」の科目が無い事が理解できない

考えれば考えるほど学校の保健体育の授業に「愛情」や「性技」の科目が無い事が理解できない。 異性の身体を知らずに大人になった故に、社会という構造から弾き出される事になった肉体的、精神的浮浪者の人間が吐いて捨てるほどいるのにも関わらず、である。…

例えば私がここで1500文字のブログを書いたとして

例えば私がここで1500文字のブログを書いたとして一切誰の目にも触れないという事があれば、それは「無い」と同じである。 観測者の存在があるからこそ「私」がそこにあるならば、自分自身の存在価値というのは、他者に全て委ねられているといっても過言では…

『モグモグGOMBO』に出てきた三角巾着用のほっぺが真っ赤になった子ども

「中学生とはなんて大人な人たちなんだろう!」と小学生だった頃に心の底から感じて十数年経ったが、ふらっとバッティングセンターなんかに立ち寄ってロビーに屯ってる坊主の中学生の集団なんかを見ると「うわ大人だ」と未だに思ったりする。不思議だ。こち…

滑舌が悪い。 しかもそれに加えてあがり症でもあるので

滑舌が悪い。 しかもそれに加えてあがり症でもあるので、緊張すればするほど口が回らなくなる。 例えば企業の面接時なんか「よろしくお願いします」が「よろっ、よろっ、よろっくおねしまぐ」になる。大人として「大人らしい台詞が上手く言えない」は致命的…

時間を擬人化するなら、きっと鎧を普段着として着こなすお堅いエルフの姫騎士だ

最近あまり本を読めていない。 夏に入ると第一種の電気工事士の勉強を本格的に始めないといけないから、充分な自由時間を持てるのはもう1ヶ月程度しかないんだけど、今は今で面倒な事が沢山あったりする。 時間の流れが一定すぎるのが問題だ。 1時間ボーッと…

少し困るとすぐ自慰に例えるのはどうなんだ?

「劇的な瞬間」の様な物を私は求めがちなのだけれど、こういうのは「怠惰に続く日常」があるからこそ意味がある物だとも同時に考える訳で、そうなるとここに「今更な矛盾」がある。 劇的な瞬間ばかりが日常であれば、それは怠惰な日常になってしまう訳で、例…

カルピスはもう何段階か「ブルジョワ」の香りがするから不思議だ

ミスドでカルピスを飲んでいる。いつもは大好きなコーヒーを飲む所なんだけれど、急性胃腸炎ということで1週間前に吐けや倒れるやの大騒ぎだったので、刺激物は最近控えてのカルピスだ。あと安いし。 カルピスといえば未だに「ちょっと高級な飲み物」という…

崩す体調がない (ある)

「これからどんどん更新していくんでよろしくお願いします!」と書いた翌々日に体調を思いっきり崩したので、もう2度と意欲が込もった文章は書きません。胃腸炎は辛い。

田舎の無職オタクに自殺者がドンドン出てくるのもこれで納得できる

1日はあっという間に過ぎ、1時間は思ったよりも短く、1秒は意識の外で知らぬ間に消費されいく。 「時間」という有限の入れ物の中に、何を詰める事ができたのか。 「1日の達成感」を毎夜の様に布団に包まれながら実感する事が出来れば、後悔という名の後だし…

第三者の言う「無駄使いするな」以外に、もっと身に迫る懲罰的な物があるとしたらどうだろう

無駄使いとは何だ? 有益か無益かの判断を下すのはいつだって当事者ではなくその他大勢に属する観測者だ。 小学生だった頃に、私が買った遊戯王カードブースターパックを見て「また無駄使いして!」と母が私に何度言ったか分からない。 いいんだ。私には有益…

我々スーパーファミコンだいすきクラブが暮らすこの日本という国は

暑い。暑すぎる。 朝は寒いくらいだったのに、昼過ぎになれば半袖1枚になってもまだ暑い。 ついこの間までストーブに灯油をキュコキュコ入れていたはずが、どうしてこんな事になってしまったのか。 明らかに殺意をお互いに抱きながら命の奪い合いをしていた2…

「カレー=普遍的な幸せ」みたいな方程式を結構信じているからだと思う

味が濃い物、もしくは「ネギかチーズが乗っかってる食い物」というだけで、ほぼ何でも「美味い!」と感じるから私の舌は死んでいる。 ただ、そんな五感の内の二つが死んだ状態で(もう一つは視力。最近測ったら視力0,03とかだから、眼鏡が無いとほぼ生きられ…

最早花見は「行事」では無かった

私の地元では、ようやく花見の季節になってきた。 私が通っていた高校は、所謂「桜の名所」と地元では有名な公園のすぐ側にあった。 高校生だった当時は、担任の教師も面倒だったのか、ホームルームの時間を1時間潰して『自由行動』と題した花見散策が許され…

告知です。

告知です。 告知と聞くと 「ガン告知かな?」 「雇用契約打ち切りの解除告知かな?」 「大学時代の映画館のアルバイトでちょっと気になってた女の子に『テニプリに中学から高校まで6年間ハマってミュージカルにも行ってた』と【告】白された時にどんな顔をす…

腕くらいあるパプリカを頭にグチャとやるのがきっと正しい母親像だ

人には得意不得意という物がある。 20代も半ばに差し掛かって思う事は「大人になった今でも苦手なら、この先ずっと苦手なんだろうな」という諦めだ。 例えば、ピーマン。 子どもなら「ピーマン嫌い!」と食卓で叫んでも、お母さんが「あら、じゃあ我が子の為…

地元の道っぱたに突如「おもしろハウス」なるプレハブ小屋が出現した

地元の道っぱたに突如「おもしろハウス」なるプレハブ小屋が出現したのは、私が小学5年生だった頃だ。 一時期、私たちのクラスはこのおもしろハウスの話題で持ちきりになったが、この小屋に入った事のある人間、もしくは詳細を知っている人間は誰一人いなか…