忍びの国

同じ日に「銀魂」を見たせいであんまり印象が強くないんですけど、こちらも興行収入的には大ヒットした作品です。

マジでこれはどうでもいいんですけど、原作の忍びの国の小説も俺買ったんですよ。で、買ったタイミングが「ワタシが選ぶこの本の心に残る一言」みたいな、芸能人様が直々にお選びになられた、この本のこのセリフが好き!みたいなのをその芸能人の似顔絵と一緒にくっ付けるっていう特集が帯にあって、忍びの国もそのキャンペーンの対象だったんですね。で、もうその時点で地獄始まってんですけど、俺買ったとき品川庄司の品川のクソすかした似顔絵が書いてあって、「本当の名前を教えて。」とか書いてあるんですよ。マジでこんなの煉獄でしょ。読んでないよ俺それから。輪廻転生できないでしょこんなの。本編では石原さとみがこのセリフ言うんですけど、もうそれが邪魔して、俺はもう真っ白な空間のことしか考えられませんでした。イヤ、いいんですけどね。

 

続きを読む

皆さん、ガキって知ってます?知能が低いヤツ。

5日ぶりくらいの休日だった。太字にするほどの連勤でも無いんですけど。

特にスプラトゥーン2と君の名は。の売り場作りの準備でメチャメチャに面倒くさい。大きい規模の店ではないので展開にも限度があって、アレを出せばこちらを置く場所がなく、こちらを出せばあちらを置く場所がない、がもうずっと続いている。あと俺チョイスで選ぶ旧作のオススメ作品が店にやってきては借りてくDVDにウンコの臭いを存分に付けて返却してくホームレスに好評で、俺の好きな映画からウンコの臭いをまとってどんどん戻されていく。地獄。モチベーションの地獄。

地元の映画館(車で40分)がメンズデーだったので時間潰しついでに寄ってみたけど、「メアリ」か「ポケモン」くらいしかそそる物がなくて、と、到着した15時の時点でガキがとんでもない量でロビーに溢れていたので、来週に持ち越しにする。皆さん、ガキって知ってます?知能が低いヤツ。山を越えて1時間くらい運転するとやっと着く長野では「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」が来週くらいまでの公開されている。なんとか行きたいけど、360°のヘアピンカーブと85度くらいの坂を上っては下ってを1200回繰り返してやっと着く感じなので、夜とか7割死にかけてワゴンRを運転している。街灯とか全くないから「俺はもしかして自分で気づいてないだけでとっくに死んでるんじゃないか?」「釈由美子が俺の霊魂が地獄行きか天国行きか判断しに来るんじゃないか?」と疑う瞬間が必ず往復中に1回ある。

 



映画館ではチケットは買わずに、立ち食いそばやでチャーシュートッピングのかけそばとおにぎりを食う。実家暮らしのはずが俺の食う物が全く家にないので、3食全部外食で済ますことも結構ある。16時くらいだったけど、今日最初の食事。そのあとはスタバでブログに書く用の映画の感想をノートに殴り書きして3時間くらい使う。先週の木曜に見た「パワーレンジャー」と「ジョン・ウィック チャプター2」のヤツ。正直今思い出そうとしても細かいディティールとかはかなり怪しくなっていたので、映画鑑賞直後にTwitterに書いた自分の感想を読み返してみる。先週見た映画ですらこんな調子なので、読みかけの本とか多分何がどこまで読みかけなのかすら覚えていないような気がする。皆さん本って知ってます?すぐ忘れるヤツ。

 

帰宅後はスーパーで買った生絞りグレープフルーツと売れ残りの鰻の巻き寿司(1000円から400円)を食いながらWOWOWで「シャークトパス」「ツイン・ピークス the retur」「日本で一番悪い奴ら」をスマホ松中信彦の生涯成績とか見ながら鑑賞する。シャークトパスってサメとタコのハイブリットで、そんなのがドンドン海で水着のカップルだけを襲って、最後何故か川を上ってきて山奥まで来ちゃうっていうD級映画。最初の3分くらいで水着の女を食おうとする普通のサメを(普通のサメってなんだ?)女が食われる寸前で蛸の足で捕まえて食べちゃうシャークトパス!っていう絵面だけの出オチ映画だったので、そのあとの86分がメキシコのいい天気を見るだけの話だった。シャークトパスで思い出したんですけど、psycho-passってアニメあったじゃないですか。アレの制作委員会って『サイコパス制作委員会』って名称だったんですよね。俺はあのアニメの一番好きな所ってそこです。

 

銀魂

個人的には漫画からの実写化は大歓迎って立場なんですよ。それが例え良作であっても失敗作であっても、その時点で原作に元々あった面白い所、実写化するには必要不可欠だった所、作り手側がどういう狙いを持って作品を理解しようとしていたか、あるいはしようとしていなかったかっていうのが色んな所で語れるのって決して悪い事ではないし、そうやって話題になるだけでも、実写化をされる意味っていうのはあるんじゃないかと思っていて。

良い映画にせよ悪い映画にせよ「この映画のあそこが良い、あそこがクソ」って言い合えるだけでも儲け物っていうか、それが皆が知ってる漫画が原作なら、もっと会話だって弾みやすいわけじゃないですか。「漫画原作やアニメでしかお客が入らない日本の映画界ってもう終わってね?」とか、思わなくもないですけど、わざわざ俺はそんな話したくもないっていうか。っていうか全然終わってないし。誰にもそんなこと聞かれてもないんですけど。

ジョジョの奇妙な冒険」や「BLEACH」、「鋼の錬金術師」と、漫画原作の作品だけで上映前の予告編が埋め尽くされてたのがかなりビックリしたんですけど、今年の漫画原作の映画化ラッシュの先陣を切って、っていう感じなんでしょうか、今日は週刊少年ジャンプの人気漫画が原作の映画です。

 

続きを読む

タイトルを付けるのも勿体ない程の雑記

明日昼からの出勤で10時には起きるんですよ…。

最近FIFA17を本当にやり過ぎてしまって、ドイツ2部のブランシュヴァイクをCL優勝させて、次の年にバレンシアに移籍して、すぐ飽きてマンチェスターシティでCL逃してっていうのをやってたらもう映画も見れてないし本も読めてないしでとんでもない事になってたんで、ウィッチャー3とかと一緒に全部ゲーム売ったら、もうやる事が何もなくなってしまって。FGOをダウンロードするのを唇噛みしめてギリギリ我慢してる様な感じです。なので年間150本鑑賞に向けてまた滅茶苦茶ペース上げないと死にます。俺もお前も。

メンズデーだったので映画館で「忍びの国」と「銀魂」をはしごで鑑賞。感想は後々に書くとして銀魂で後ろのおじさんが「フーッ!!フーッ!!」と笑いたいのを必死で我慢してる鼻息を2.1chで聴きながらだったので、臨場感ある鑑賞体験でした。「忍びの国」はお客さんは俺1人だけ。木曜には「パワーレンジャー」の字幕版も見たんですけど、ここでもお客さんは俺入れて3人。

ハクソーリッジも公開週のメンズデーで見て俺1人だったので、本当にここの映画館はヤバイのではないかと心配になってくる。まあ俺を正社員面接で不採用にした会社なんで別にアレなんですけど、地元唯一のシネコンが無くなるとそれこそ山を越えて長野まで車1時間かけて行かないといけなくなるので、社員のボーナスがどんぐり8個になる程度にギリで存続してほしい。 

 

 

パッセンジャー

個人的にはクリス・プラットは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のスター・ロードとしかもう見られないんですけど。好き過ぎて。この映画見た時も「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」の予告編が見られてアーって感じで。もう今思い返してみるとそこが一番テンション上がった所だった気がしてます。

映画のルック的にはSFはSFでも、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」とは対照的なハードでシリアスな雰囲気がかなり漂ってくる感じなんですが、さて本編はどんな感じなのか…という。

この作品、かなり重大なネタバレ要素を広告でも予告編でも徹底して隠している作品でもあります。で、そのネタバレ要素をひた隠しにしながら感想を書く自信も力も俺には無いっていう。そんな感じで良くも悪くもこの映画、マジでまっさらな状態で見た方が絶対良い映画だと思うんで。100の内75くらい物語の内容書いちゃう感想って感じでも全然見るよOK!っていう「お前それ絶対見に行かないヤツでしょ」って人だけ読み進めて貰えればって感じです。

 

 

パッセンジャー

f:id:askicks1248:20170412043556p:plain

 

解説
ハンガー・ゲーム」「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスと「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラットが主演を務め、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥム監督がメガホンをとり、「プロメテウス」のジョン・スパイツが脚本を手がけた。

 

監督 モルティン・ティルドム 「イミテーション・ゲーム

脚本 ジョン・スペイツ 「プロメテウス」「ドクター・ストレンジ

美術 ガイ・ヘンドリックス・ディアス 「インセプション」「スティーブ・ジョブズ

出演 ジェニファー・ローレンス 「ハンガーゲーム」「ジョイ」 「ウィンターズ・ボーン

   クリス・プラット 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ジュラシック・ワールド

   マイケル・シーン 「フロスト✖ニクソン

 


映画 『パッセンジャー』 予告

 

40点

 

予告編での何となくのイメージだと、「宇宙船のAIか何かの陰謀で目覚めさせられた男女2人が紆余曲折あって真相に気付き、AI側の思惑を乗り越え自己犠牲的な力を示し、最後に人類は解放される」みたいな感じなのかなと思ってたんですよね。個人的には「インターステラー」よりも「オデッセイ」、「コンタクト」よりも「アンドロメダ…」とかの方が好きだったりするんで、そのイメージであればもう俺の大好物なんですよ。飽くまでも「広大な宇宙の中では塵みたいな存在ながらも、それでも人間にしかない力を示し、そして勝利する」っていう着地のSFが俺は好きで。そこに神的な要素とか、人間より1段階上の存在に導かれて…みたいな方に行くとウス…って感じになっちゃうんですよね。もろに「コンタクト」なんですけど。全然好きな映画ではあるんですが。

で、今作なんですけど、ちょっと思ってたよりイメージと違って。あくまで人間の内面的な「罪と罰」とか「贖罪とは…」みたいな方を重めに語っていこうとする感じなんですね。こういう話をSF的なガジェットを使ってやろうとするのは結構新鮮で、序盤は「おっ、思ってたのと違うけど良さそうだぞ」ってかなり期待できたんですよね。

 

「パッセンジャー 映画」の画像検索結果

 

ただ、正直言って、このテーマを充分に突き詰めていく内容だったかと聞かれれば、全くそんな事はない映画でした。作中で何が起きるかといえば、「重すぎるテーマの解決方法を見いだせないまま、作り手側がその点については最終的に放棄する」っていう、かなり酷い物で。あらゆる描写が薄っぺらいまま進むので、まあ苦痛な116分でした。

それに加え、酷かったのが作り手側が一体誰の目線で物語を語ろうとしているのかが見えてこない所で。例えばクリス・プラットが艦内を走るジェニファー・ローレンスに艦内放送を使って説得を試みるシーンがあるんです。クリス・プラットが喋るシーンでは優し気なアコギを使った音楽を使用してる一方で、その説得にうるさいうるさいうるさーーーーーい!!!ってキレたローレンスが喋るシーンでは、ちょっと緊迫した様な音楽を使ってるんですけど、この間ってもう殆どシームレスなんですよ。「今画面内に大写しになってる人間の心情を音楽にしました」ってだけで、この映画はテーマ的には一体どこに主眼を置いているのが全然定まっていないっていう事だし、もしそれが出来ないのであれば、ここは全然無音でもいい訳じゃないですか。なんか、見やすさを配慮してるようで逆に見にくくしてる様な、そんな印象を受けました。

 

f:id:askicks1248:20170721042848p:plain

 

では物語の推進力をどこに置いているのかっていうと、この映画ではクリス・プラットジェニファー・ローレンスのいちゃ付きとちょっと重めな痴話喧嘩」っていう所しかないんですよね。さっさと次の展開行ってくれよ!って、見てる方はとっくの昔に飽き飽きしてるんですけど、スクリーンの中では2人でダンスバトルやってるんだけど…長いし…っていう感じで。なんかこう、大人な映画を期待して見に行った方が間違いで、どちらかと言えばティーン向けな映画だった気がしますね。意外に早めに和解するしね。

中盤でかなり唐突に3人目の生存者っていうか、目が覚めちゃった人間としてローレンス・フィッシュバーンでお馴染みモーフィアスが登場するんですけど、主人公ら2人を導いていくキャラクターなのかな…と思いきやただただ彼らにアイテムを渡してすぐ退場するっていう、とことん愛を向けられないキャラクターで、ちょっとここもガッカリでしたね…。「ここは私に任せて先に行け!」的な感じでもなく、ただただお腹痛いっすわ…つって段々と元気がなくなってくだけなんですよ…モーフィアス…。

 

「ローレンス・フィッシュバーン」の画像検索結果

なんか最近見る映画見る映画どっちかが出演してる気がします。

 

まあでも、見る所が全くない映画という訳ではなくて。登場人物は本当に少数精鋭っていう言葉がぴったり合うほどいい役者だけで。特にジェニファー・ローレンスがメチャメチャ良かったですね。さすがにオスカー貰ってるだけあって、この映画の品格に見合わない程の熱演ぶりでした。

物語そのものに目を向けてみても、途中で船内の重力が失われるというシーンの中で、プールでジェニファー・ローレンスが泳いでいた所に水が室内いっぱいに浮き上がってしまって危うく溺死しかけるっていう一連のアクションシーンは結構フレッシュで良かったです。

正直そこくらいなんですけどね、この映画で俺の好きな所って。罪と罰」的な所を真摯に攻めた作品であったとしても、結局はこの映画の主役はクリス・プラットっていうガタイの良い超イケメンな訳じゃないですか?そこでまずこの艦内で起こったことに関して許す許さないって話をされても「イヤでも君らは知らないかもしれないけど俺はクリス・プラットではないしな…」っていうのはノイズになる訳で。だって俺はクリス・プラットではないから。

あとは何ですかね。もう細かいんですけど、なんなら「お前マジでチャンスあったら殺すからな…!!」みたいになってるんですジェニファー・ローレンス。で、朝になって、クリス・プラットがキレてる女を食堂で見かけるんですけど、ローレンスのテーブルにはマフィンとか、カフェラテとか結構しっかりしたメニュー乗ってるんですよね。イヤお前朝から全然食う感じなんだね!みたいなのとかはありましたね。で、クリス・プラットが声かけると黙ってローレンス朝飯ガッシャー!!!!ってぶちまけたりなんかしてね。お前確実にそれやりたくて声かけられるの待ってたろ!的な。そんな感じですね。

 

 

 複数形になるとアン・ハサウェイになります。

 

 イヤでも無重力シーンは迫力ありましたよ。マジで。